幻霊物語(げんりょうものがたり)のおすすめレベル

 

星4  ★★★★☆

 

 

 

 

 

 

どんなゲーム性か?

 

「三国志」を舞台に繰り広げられる

ストーリーゲームがメインのようだ。

 

①コツコツ積みあげる地道さが好きだ

②三国志には興味がある

③ガチャ確率は気にしない

④運営が海外企業でも気にならない

場合はおススメしたいゲームです。

 

反対に

①早く強くなりたい

②三国志が好きではない

③ガチャ確率は重要

④運営が海外企業・・・

場合はやめておいたほうが良いです。

 

画面左下にはチャット機能がついており

・システム

・ワールド

・ギルド

と切り替えて使用します。

 

メインゲーム以外にもユーザーを飽きさせない

様々な枝分かれ的なゲームが用意されていて、

それらがデイリーでこなしていくと経験値や

水晶がもらえる仕組みとなっています。

 

さらにギルドと呼ばれる団体に加入すれば

毎週末に開催されるギルド戦、お城を奪い合う

攻城戦に参加しより多くの報酬を手にできる

チャンスが広がる一方で、

 

毎日挨拶をチャットでしたり、

ギルド貢献活動をする等の関わり合いが

少なからず発生する為、

意思疎通が取れなかったり、自分勝手な行動をすれば

注意を受けたり、ギルド追放されたりします。

 

なので

1人でまったりやりたい場合は自分専用のギルドを

新たに立ち上げたほうが良いです。

 

 

 

 

課金性はどうか?

 

 

課金性は高いと言わざるを得ない。

というのも主人公である主君には

VIPによるランクが設けられており、

VIPランクによって扱いが異なるからだ。

 

VIPランクを上げるためには

課金するしか方法が無い!

 

VIP0→VIP1 = 75水晶

VIP1→VIP2 = 300水晶

VIP2→VIP3 = 600水晶

VIP3→VIP4 = 1000水晶

VIP4→VIP5 = 2000水晶

VIP5→VIP6 = 3000水晶

VIP6→VIP7 = 5000水晶

VIP7→VIP8 = 7500水晶

VIP8→VIP9 = 10000水晶

VIP9→VIP10 = 15000水晶

VIP10→VIP11 = 20000水晶

VIP11→VIP12 = 40000水晶

VIP12→VIP13 = 60000水晶

VIP13→VIP14 = 120000水晶

VIP14→VIP15 = 200000水晶

※水晶は累計です

 

水晶×1.6=リアルマネー

となるため、VIP15まで持って行くためには

20万水晶×1.6=32万円分の課金が必要になる。

 

よって課金者側に優遇されると言えます。

 

 

 

ガチャの確率は?

 

資質14の神将と呼ばれる武将は

ガチャで引き当てるか、

ガチャの参加賞的な感じでもらえる魂を集める

事でしか召喚することができない。

 

※呂布・劉備・周瑜を除く

呂布・・・呂布と貂蝉の愛(イベント)

劉備・・・ギルド戦報酬

周瑜・・・ギルド戦報酬

で魂を集めることができる。

 

肝心のガチャの確率はというと

0.5%と表記されている。

 

筆者は毎月1200円程度課金して

ガチャを200回以上引いていますが

一度も当たったことはない・・・・_| ̄|○

 

 

 

幻霊物語の評価は?

 

 

コツコツ毎日やるのが苦にならなければ

ゲームの緻密さという観点では一定の

評価ができる。

 

だが、

資質14の神武が課金しても

GETできる可能性が低く、より

課金させようといった確率設定は

いかがなものかと思う。

 

神将がいなければ優位にゲームを進める事は

できないだろう。

このようなゲーム性であるが故に

課金なしで優位に立つことは不可能に近い。

 

ログインボーナス等は現在も実施しているが

例えば毎日デイリーを消化して一週間皆勤賞なら

追加報酬GETのように、なにか課金なしでも

太刀打ちできる要素をより多く追加されることが

ユーザーを惹きつける事に繋がるはずだと

考えている。

 

こういった課金マターのスマホゲームを

山のように見てきたが、

どのゲームも3年以内にサービス終了している。

運営はいかに

ユーザー目線でサービスを提供できるかが

このゲームの最大の焦点だろう。