こんにちは。

運営者の@Aoiです。

 

2017年9月まで約10年間

建築・消防関係のメーカー企業へ勤め、

趣味もなく友達も作らず、ただ目の前にあった

仕事だけをしてきました。

 

朝は8時には仕事場へ行き、

夜はだいたい22時まで。時には夜勤もあり、

夜勤明けもそのまま帰らず22時まで仕事なんて日もザラです。

これは【限りなくクロに近いグレー企業なんじゃないか??】

とある日から思うようになりました。

 

でも、その仕事が嫌で仕方が無かったのか?

といえばそうでもありませんでした。

目の前の仕事には全精力を注いできたつもりです。

 

そんな仕事の向き合い方をしているうちに上司からの期待値が私の

モチベーションとは反比例する形で大きくなり入社10年目には受注額10億円

を超えるプロジェクトも任されてしまうようになっていました。

(嫌でした( ノД`)シクシク…)

 

 

そんなキャリアの絶頂期に、ある転機が訪れました。

 

 

2013年に結婚した後、3年ほど子供がなかなか授からない期間があって

おかしいねって事になり婦人科へ行き検査をすると

「このままの状態だと自然妊娠はほぼ不可能に近い」と告げられ

 

悩みましたが少しだけつらい不妊治療を開始して

(最終的に顕微鏡受精までいきましたが)

ようやく子どもが生まれたのは嬉しかったのですが、生活は一変。

 

初めての育児だったこともあり、近くに頼れる人もおらず

育児と仕事の両立は難しいと思ったので職場の上司へ相談し、今後の仕事は

セーブさせてもらうか育児休暇を取得させてほしいという話をしました。

 

 

しかし、

会社側からの回答はまさかのどっちもNG

 

はあっ?なんでやねんっ!? ( ゚Д゚)ペッ

 

「仕事がきつくない部署に回すことはできるけど

給料は下がっちゃうし元の部署には戻れないよ?」

こういうのは何ハラというのか。。

 

現代の社会の流れに順応する気持ちもない会社側の姿勢には

その時、正直がっかりしました。

 

その会社の企業理念ではシナジーだ何だ横文字ならべても

考え方はド昭和だったんですよね。

 

そんな中、仕事帰りの駅高架下で運命的な出会いをし

以後2年間生活を共にしてきた猫にも病気で先立たれ、

その早すぎた別れに、いろいろと考えさせられました。

 

なぜもっとはやく病変に気づけなっかったのか、

なぜもっと一緒にいてあげられなかったのか、

残酷すぎる運命の結末には言葉も出ないほど落ち込みました。

 

「自分の道が間違っていたのかもしれない」

そう思った時、

気持ちの糸がプチっと切れた音がしたのです。

 

 

『子育ては都会ではしたくない』そんな家族の意向もあったので

(え?マンション買ったのに今さら言う?それ!?という気持ちもあった)

この際、職場へは「退職願」ではなく

敢えて「退職届」を出してやりました。

 

退職願には

「辞めたいのですが許可して頂けますでしょうか?」

退職届には

「辞めます!もう何言ってもムダ!!」

 

くらい意味合いが違うので、いきなり退職届とはどういう事やねん!!

となった事は想像に難しくありません。

 

「いま君のキャリアをここで終えるのは勿体ない」

「これは会社の為ではなく君の今後の人生の為に言っている」

これまで会ったこともなかった上司に引き留めの説得をされたり、

 

私が入社時に上司だった方が退職の話をどこからか聞いて、

私の知らない所で勝手に人事部に掛け合い退職届を取り下げてみたりと

あり得ないミラクルも起こりましたが、

 

現在は無事に退職し、引越しをして田舎暮らしを開始、

1926gで生まれた小さな赤ちゃんはもう5歳になろうとしています。

(5歳になりました)

 

育児をしつつ、CADオペレーターという図面をパソコンで描く在宅の仕事がメインで

1日概ね6時間の契約社員として別の会社で

働かせてもらうことになりましたが(2021年1月コロナの影響で退職)

 

また一からキャリアを積み上げるような事はせず

田舎暮らしをしながら

時間にも場所にも左右されない自由な環境』

を追求したいと考えています。

 

そんなの無理だ。

地に足付けて働け。(今は地に足ついちゃってますが飛ぶための下積みを継続)

いろいろご批判があるのは承知していますが、

 

経験者に言われるならともかく

やったこともない、やろうともしないノーチャレンジャーが

頭ごなしに無理だと断定しちゃうのはちょっと違うかなと思います。

 

地に足付けて働けというのは

朝から晩までヘトヘトになりながら

社畜として

自分の大切な時間を切り売る事

そんなに素晴らしい事なのか私には分かりません。(今も分かりません)

 

が、

否定もしません。

かつての私もそうでしたから。(今もそうだけど考え方を変えた)

 

私の退職前にもらっていた給料を試しに

働いていた時間で割ってみたんです。

そしたら時給400円でした!

 

あり得ねーっす。400円ですよ!?

こんな安さで自分の時間を会社に切り売ってしまった為に

猫の死とちゃんと向き合えなかった事を考えると、

 

しっかり反省して今後は、切り売る時間を段階的に減らしていけるよう

副業(時間や体が取られないものに限る)を拡大していきたいなと。

 

いまの時代、会社員として定年まで40年間在籍したとしても

退職金はせいぜい800万円です。(今の会社の人に聞いた)

という事は

・1年間で20万円

・1か月で1.7万円

さらに1か月のうち22日間出勤したとすると1日あたりたったの

758円

 

この数字が今まで自分の貴重な時間を労働力として差し出した対価として

割に合っているかと考えを巡らせてみると、割に合ってなくないですか?

この数字が出てきたとき私は、だったら定時退社して近くのコンビニで

1時間アルバイトした方がまだマシだと思いました。

 

かといってそれを行動に移したくても、まだまだ『副業NG』の会社は

多く、源泉徴収が発行されたら会社にも認知されてしまうでしょう。

そういう意味では時間給で働く副業はおススメできません。

 

今後の人生を豊かにする鍵は

『ほったらかしていても自動的に収益になる副業』にあると思います。

名義も自分名義ではなく家族名義で活動をすれば本業にも

差支えはないはずです。

 

 

この「キーテイル」というブログでは私の体験を通して

見えてきた生活をより豊かにするための考え方みたいなものを

発信していければと思います。

 

メインとなるのは

・仕事(消防設備士、副業)

・Tf@S(CAD)

・上越/東京(地域)

・育児(現実)

・ゲーム(趣味)

 

マイペースに楽しく運営していけたらなと

思います。

 

よろしくお願いいたします。

キーテイル一同。