こんにちは。

運営者の@Aoiです。

 

2017年9月まで約10年間

建築・消防関係のメーカー企業へ勤め、

趣味もなく友達も作らず、目の前にあった

仕事だけをしてきました。

 

朝は8時には仕事場へ行き、

夜は22時まで。時には夜勤もあり、

夜勤明けもそのまま帰らず22時まで仕事。。

ひょっとしてこれはブラック企業!?

と思うようになりました。

 

でもその仕事がイヤで仕方が無かったのか

といえばそうでもありませんでした。

目の前の仕事には全精力を注いできた

つもりです。

 

そんな仕事の向き合い方をしていると

入社10年目で受注額10億円のプロジェクトも

社員1人で納めるようになっていました。

 

 

そんなキャリア絶頂期にある転機が訪れました。

 

 

2013年に結婚した後、3年ほど子供が生まれない

期間があっておかしいねって事で検査をすると

このままだと自然妊娠は不可能だと言われ

 

少しだけつらい不妊治療をすぐに開始して

(最終的に顕微鏡受精までいきましたが)

子どもが生まれた事で生活は一変。

 

お互いの両親が交互に2週間ほど

手伝いにやってきてくれましたが、

テンパってうまくは行きませんでした。

 

初めての育児だったこともあり、大変で

育児と仕事の両立は難しいと思ったので

職場の上司へ相談し、今後の仕事は

セーブさせてもらうか育児休暇を取得

させてほしいという話をしました。

 

 

しかし、

会社側からの回答は両方NG・・・

 

なんでやねんっ!? ( ゚Д゚)ペッ

 

「仕事がきつくない部署に回すことはできるけど

給料は下がっちゃうし元の部署には戻れないよ?」

あーそーですか!島流しって事ですか!!

 

現代の社会の流れに順応しようともしない会社の

姿勢には正直がっかりしました。

 

企業理念ではシナジーだ何だ格好よく

横文字ならべても結局のところ

考え方はド昭和です。

 

そんな中、仕事帰りの高架下で運命的な出会いをし

以後2年間生活を共にしてきた愛猫に先立たれ、

その早すぎた別れに、考えさせられました。

 

なぜもっとはやく病変に気づけなっかったのか、

なぜもっと一緒にいてあげられなかったのか、

残酷すぎる運命の結末に絶望しました。

 

「自分の道が間違っていたのかもしれない」

そう思った時、

気持ちの糸がプチっと切れた音がしました。

 

 

『子育ては都会ではしたくない』

そんな家族の意向もあったので

職場へは「退職願」ではなくあえて

「退職届」を出す事にしました。

 

退職願には

「辞めたいのですがよいでしょうか?」

退職届には

「辞めます!もう何言ってもムダ!!」

 

くらいの意味合いに違いがあるので

いきなり退職届とはどういう事だ!!

と当然なります。

 

「いまキャリアをここで終えるのは勿体ない」

「君の今後の人生の為に言っている」

会ったこともなかった上司に説得されたり、

 

私が入社時に上司だった方が退職の話を

どこからか聞いて、私の知らない所で

勝手に人事部に掛け合って退職届を

突然取り下げられたりと

あり得ない事が次々と起こりましたが

 

現在は無事に退職し

引越しをして田舎暮らしを始め、

1926gで生まれた小さな赤ちゃんは

もう4歳になろうとしています。

 

育児をしつつ、CADオペレーターという

図面をパソコンで描く在宅の仕事がメインで

1日概ね6時間の契約社員として別の会社で

働かせてもらうことになりましたが

 

また一からキャリアを積み上げるような事はせず

田舎暮らしをしながら

時間にも場所にも左右されない自由な仕事』

を追求したいと考えています。

 

そんなの無理だ。

地に足付けて働け。

いろいろご批判があるのは覚悟の上。

 

経験者に言われるならともかく

やったこともない、やろうともしないで

頭ごなしに無理だと言うのは早計です。

 

地に足付けて働けというのは

朝から晩までヘトヘトになりながら

社畜として

自分の大切な時間を切り売る事

そんなに素晴らしい事なのか私には

分かりません。

否定もしません。

かつての私がそうでしたから。

 

私の退職前にもらっていた給料を試しに

働いていた時間で割ってみたんです。

時給400円でした!

 

あり得ません。400円ですよ!?

こんな安さで時間を切り売ってしまった為に

愛猫の死にちゃんと向き合えなかったなんて。

それに気づいてしまったのでもう前のような

社畜に成り下がる気も更々ないです。

 

かと言って

今までやってきた事がムダだとは思わないですし

ムダにしたくない。

 

あると思うんです。

地に足を付けずに働く方法が。

例えば、前職では『消防設備士』という資格で

新築現場の消火設備を設計したり積算したり

現場監督として施工にも携わっていました。

 

設計や積算、見積りを作成したり

図面を起こして検討したりは

家でもできます。

 

現場には行くことはできませんが

代わりの人を立てたり、或いは時代がもっと

進んでドローンを飛ばして現場の進み具合を

確認したり、

 

職人さんにはLINE等のSNSを使って

作業の指示を出す。

職場の会議にはSkypeやテレビ会議の

ソフトを使ったり、チャットを利用して

意思疎通を図る。

データの共有はクラウドソフトを使えば

インターネットに繋がれば基本どこにいようと

どこからでも仕事ができます。

 

そんな事を入社した2008年ころから

会社へ提案してきました。

残念ながらその会社は私の意見を

聞き入れることは無かった。

 

『生意気な新米が夢物語を語っている』

そう思われ、無視されてきました。

でも今は確実に「その流れ」が来ています。

 

それをくみ取れず変化できない企業は

時代の波に必ず飲み込まれます。

 

今は少なくとも昔のような

・男は仕事、女は家を守れ

・男は仕事、女は育児

・男が上、女が下

 

こういった「あたりまえ」はもう古い。

企業も人もそうですが昔から存在する

企業(人)ほど「あたりまえ」に依存する

傾向が根強いように思います。

 

もはや頑固すぎて自分の意見を

曲げようともしない。

やっかいなものです。

 

私はそういったものに排除されたのです。

 

これからは高齢者がもっと多くなって

私の場合は育児が理由でしたが

親などの介護が理由で私と同じようになる

社員が増えるのではないかと思います。

 

育児離職や介護離職をいかに食い止め、

企業に留めさせるかが有能な社員流出を

防ぐ事が企業繁栄・存続のカギです。

 

自分の事を棚に上げたようで

申し訳ないのですが本当の事です。

 

いろいろ考えた末、自分自身が

今までしてきた事や見てきたことが

これからその道を歩もうと志している人たちへ

役に立つ情報「キーテイル」というブログとして

残しておきたいと考えるようになりました。

 

メインとなるのは

・消防設備士(仕事)

・Tf@S(CAD)

・上越/東京(地域)

・育児(現実)

・猫(ペット)

・ゲーム(趣味)

 

しかし上記ネタのみでは

ピンポイントすぎて話題に尽きる可能性がある為

・地震

・台風

・火事

などの防災系のニュース記事なんかを

混ぜながら楽しく運営していけたらなと

思います。

 

よろしくお願いいたします。

キーテイル一同。